スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

②彼氏いない歴20数年の女が婚活パーティーを体験してきた話。【続編】

婚活パーティーの話、続編です。
読みたいと思う方がいらっしゃるかは謎ですが、自分としてはこういう場に行くのはかなりの勇気がいったので…!その行動を無駄にしない為にも書いておこうと思います!参考になれば良いのですが…こんな記事で参考になるかなぁ…\(^o^)/


以下、最初の会話タイムが終わり、フリータイムに移ってからのお話です。
フリータイムとは何ぞや?という方も多いと思うので、前回の記事にも書きましたが説明しますね。フリータイムとは、気になる方の元に5回程行って個人的にお話出来る時間のことです。先ほどの会話タイムよりはゆっくりお話しできるので焦らずお話出来るのが良い点です。
フリータイムは、最初の会話タイムと比べると気楽にお話出来ました。
やっぱりゆとりって大事ですよね~。時間が短いと気が焦っちゃってまともにお話できない…(・・;)









【最初の会話タイムを終えて】

以前の記事で書いたぐるぐる回転寿司状態の会話タイム。なんとか無事に終えましたが、私は人と話すのが本当に苦手なので、正直もう会話タイムの途中から

「帰りたい…」
「私はなんでこんな苦しい思いをしてまでこんなことしているんだっけ…」
「そもそも私とは一体…」などということを考えておりました。もう会話に集中できてないとかそういう次元を通り過ぎていますね…。人って緊張しすぎるとおかしなことを考えるんだなぁ…ということを知りました。知らなくても全然良かった事実ですね。

元々、緊張しいの性格に加えて、相手は苦手な男性…!
もうね、本当帰りたかった。家のお布団が恋しかった!!(笑)
だが、私は帰りませんでしたよ!だって1500円払ったもん!

とにかく、婚活に対してのイメージが180度変わりましたね。世間の皆様はこんな思いをして婚活をしているのかと…!そう考えるともう尊敬の気持ちしか湧きません。世間の皆様はすごいです!今婚活をしてらっしゃる方はもっと自分に自信を持って良いと思います!本当にすごいです!ボギャブラリーが貧困でこのすごさを伝えられないのが心苦しいのですが、あれだけ精力的に物事に取り組んで、しかもめげずに続けてらっしゃるというのは素晴らしいことだと思います…!変な気持ちではなく、本当にすごいなぁと純粋に思います。私にもそのガッツがあれば…!…めげずに頑張りますっ!(>_<)

話を戻しますが、私の気持ちとしては辛い、帰りたいという感じでいっぱいだったのですが、私は人との付き合い方を学びにここに来たので途中でやめては意味がない!と思い、くじけそうになる気持ちを抑えて何とか次のフリータイムにも参加することにしました。今となってはいや、それもどうなの!という感じですね。


【恐怖のフリータイム】

なぜ頭に「恐怖の」と付いているか疑問だと思うのですが、これはですね、もし男性が私の所に来てくれなかったらどうなるんだろう?という不安があったからです。もしそうなったらその時、自分はどう行動したらいいのか?わからーん!とぷちパニックをおこしておりました!

いや、来なくても普通にそのまま椅子に座ってたらいいじゃん!と思うのですが、その時は完全に緊張と不安でいっぱいいっぱいだったのでそこまで頭がまわりませんでしたヽ(^o^)丿

とにかく不安なまま、椅子に座っていたのですが、フリータイムが始まってすぐ男性が来て下さいました。これには本当に安心しました…。思わず、「私なんかの所に来て下さってありがとうございます」と言ってしまいました^^;

その後、4回フリータイムがあったのですが、4回とも男性が来て下さったので1人でオロオロせずに済みました。ほっ。最初の会話タイムより時間が多めにとられていたようで、1人ひとりとゆっくりお話することができました。が、私は男性に慣れていないのでひたすら赤面しておりました…。会話自体はごく普通にできたのではないかな?と思います…多分。

会話内容は趣味やパーティーの感想などあたりさわりのないものでしたが、それだけでも相手の人柄はなんとなく分かりました。そして、5回のフリータイムが終わりましたら次はいよいよカップル発表です。もうカップル発表って名前だけで恥ずかしい…。
というか私は本当にこういうことに免疫がなさすぎるみたいで何かある度にいちいち恥ずかしがって赤面していました。女子学生じゃないんだから!という感じですね。かわいこぶりっこしているみたいですが、そういうわけではなく、赤面している自分を見られるのも嫌だし、そんな風になってしまう自分も嫌だし…ということで本気で恥ずかしかったです…。しかし後々分かったのですが、この様子が男性諸君の皆様には評判が良かったのか、どうなのか、フリータイムの時私は結構な数の男性に囲まれていたようです。



…全然気づかなかった…。

ていうか囲まれてたってなんなんですか!怖いよ!一体どんな様子だったんだよ!想像するだに恐ろしいよ!あまりの恐怖に下を向いてたから気づかなかったのか!気付かなくて良かった!て良かった?いやここで良かったはおかしい?もっと喜ぶべきなのか!?だめだ、喜びより恐怖感が勝る!やっぱ男性怖い!怖すぎる!私を視界に入れないでほしいな!お上品そう、とか笑顔が素敵とかそりゃ誤解ですよ、旦那!初対面の人に「ヘヘ。実は私ゲーム好きなんですよぅ!特にお兄ちゃんが好き過ぎて好き過ぎて、自分の気持ちを知られた時にお兄ちゃんの反応を見られたくなくて自分で自分を刺しちゃうフリアエさんというキャラが大好き、いや愛しているんですよ!更に言うと、そのシリーズが大好きすぎて続編も全部持ってます。うへへ」とか言えないじゃないですか!(当たり前だ)


ぜぇはぁ。
実態は緊張して赤面していただけなのです。
決して奥ゆかしい大和撫子ではありません。(実際言われた)
日本人女性らしくもありません。(どういう褒め方だ!)
本性はゲーム好きで可愛いものと可愛い女性が好きな、セーラームーングッズを集めている変態です。…あれ?こう書くと私意外にそんな変態じゃないような…(・・;)いかん、感覚がマヒしてきている…。普通の女性ってどんなものでしたっけ?



とにかくですね、この時点で、自分のコミュニケーション能力の低さや、悪いとこばかり感じてしまって「もう私なんてこの世からいなくなりたい…」と思うレベルで落ち込んでました…。自分のだめなとこを相手に見せるのが苦痛なんですよ。普段は隠している自分の悪い面もこういった、男性と話すという苦手な場面では出てしまいますし。会場から出たくて出たくて仕方ありませんでした。自分の欠点を直視するのは勇気がいると言いますが、それをまさに肌で実感しましたよ。この歳になっていろいろ分かったつもりでいたけど経験しなきゃ分からないことってたくさんあるんですね…。


そしてフリータイムは終了しました。
時間にゆとりはあったけど、この時点で私の気力はほぼ0になっていました。
非常に疲れました…。

係の方に紙を渡されたら、気になった方をランキング形式で書きます。気になった男性が自分の名前を書いていればカップル成立です。ここで係の方から説明がありました。カップルといってもその時点ですぐ恋人になるというわけではないのでそこを御理解下さいと。この部分はかなり念を押して言ってらっしゃいました。やはりこういうパーティーをしているといろんなトラブルが起こるのでしょうね。私も相手に迷惑をかけないよう気をつけよう、と思いながら注意を訊いていました。



【カップル成立】

結論から言うと、無事カップル成立しました。

で、現在はその成立した方と別のもう1人の方と連絡先を交換してラインなどでやりとりしている状態です。恋愛関係にはありません。相手も「お話しやすい方がいたし、その方とちょっと連絡とってみようかな」というくらいの気持ちでまだそういう気持ちはないと思います。

ご連絡下さって嬉しいです。光栄なことだと思います。ですが、正直疲労感や恐怖や不安の方がかなり大きいです。逃げずにきちんと向き合おうとは思っていますが、やっぱりあまり知らない男性と話すというのはすごくエネルギーを使いますね…。相手のことが分からないので「これを言ったら気を悪くするだろうか」等とイチイチ不安になります。

少しやりとりするだけでもどっと疲労感が押し寄せてきます。全てはええかっこしいの自分が悪いのでしょうが。かと言っていきなり本性を出して「ゲームしようゼ!ドラッグオンドラグーンで斬ったり斬られたりしようゼ!」って言うのもおかしい…っていうかこんな言い方したらそれはもはや人間的におかしいですよね。


…なんか私の書き方だとドラッグオンドラグーンというゲームが誤解されそうそうなので言っておきますが、「ドラッグオンドラグーンはごく普通のゲーム」です!主人公が復讐に燃えたり、その妹が可愛すぎて(私が)萌えていたり、実際に竜がいろんな所(人間含む)を燃やしていたり、幼女が「ぐっさりぐっさり殺してよ!」という台詞を言っていたり、盲目の少年ラブなおじさんがいたりしますが、それだけ!逆に言ったらそれだけです!いや他にもいろいろありますが、これ以上書くとネタバレになるので!ごめんなさい!※これはドラッグオンドラグーンがテーマの記事ではありません。ただ筆者のドラッグオンドラグーン愛が暴走しているだけなので生あたたかい目で見守ってあげて下さい。



しかし、よく話が脱線するブログです。許して下さい…。

話を戻して、しかし、恋愛関係ではないとは言え、2人とやりとりというのは不実じゃないか?という気持ちがあります。私が友達のつもりで接してても向こうは本気で恋愛を考えて下さっているかもしれませんし。ラインだけでのやりとりだけとは言え、やっぱりこれは悪いことなのでは…。世間が婚活をどのように行っているか分からないのですが、私は今2人の男性とラインでやりとりしている事実に非常に罪悪感を感じております。気分はもはや悪女。罪悪感半端ないですよ、これ…。

乙女ゲーで逆ハーレムなんてことはよくあることですが、現実でそんなことが起きたらただの修羅場です。今の時点で私は既に胃が痛いです…。やっぱり人間は一対一でしか交流できないようになっているのですよ。うんうん。「ハートの国のアリス」という乙女ゲーなんて攻略対象何人でしたっけ?えっと…パッケージを見たら分かるよね…1、2…10!?10人に愛されるとかそりゃ無茶だ!そらゲーム内でアリスをめぐって諍いが起こるわ!ほぼ10年前に初プレイして今やっと理解した!ていうかアリスはむしろ私が愛してあげたいキャラなのでその争いには私も参加することになるし…うん!カオスだね!




乙女ゲームの世界観どうなってんだ!という疑念は尽きませんが、その話はまた今度することにしましょう。ほんと主人公のアリス、可愛いわ。彼女を幸せにしたい。彼女の婿探しはむしろ私がやりたい勢いです。私は一体何を言っているんだ。


2人とやりとりと書きましたが、実際は1人の方としかやりとりをしておりません。もう一方とは最初に連絡を交換しただけで今は殆ど連絡をとっておりません。1人の方とはもう会いました。その話はまた次の機会にしますね。
問題はその最初に連絡を交換してから今は殆ど連絡をとっていない(連絡はくるが、やんわり私が拒否している)もうお一方なのです…。

私の変質者検知センサーが反応を示しているんですよ。一体何のことだ?と思われそうなのですが、私は今まで幾人かの変質者と関わったことがありまして、痴漢や、家について来られて見ず知らずの人に「運命を感じた」と言われ交際を申し込まれたり(仕事中にナンパするとか運命以前の問題だと私は思う)、 幼少期から某教育者の人達に触られまくられていた(これは被害者多数だが、犯人が権力者だったりまぁいろいろあって大人も子どもも口にせず今ではほぼタブーとなっている。どこのミステリー小説だと言いたくなるが、事実は小説よりも奇なり、というやつである)などなどその他諸々の経験があるのです。

過去のことなので、今は上述のことは全く気にしておりません。ですが、そのおかげか私の不審者センサーの的中率はものすごく、「こいつは厄介そうだなぁ」と思った人は大抵の確立で厄介事を起こします。大抵の確立でと書きましたが、今まで私が「厄介そうな人だ」と思って厄介事を起こさなかった人はいません。100%、私のストーカーちっくなことをしたり、メール攻撃をしたりといったことをしてくれます。こんなことが当たっても嬉しくありません。どうせなら抽選が100%当たる能力が良かった…。


なら、その場でお断りすれば良かったのですが、相手のアピールがすごく、断ったら何をされるか分からない勢いだったので、恐怖を感じて断れなかったのです。せめて会場内ならスタッフさんに助けを求めることが出来たのですが、会場外だったので自分の身を守るには自分しかいなかったのですよね。

きちんと謝って分かってもらえるよう努力します。本当に申し訳ないです。ただ、断ったらちょっと事案になりそうな勢いなのでもしかしたら警察にまたお世話になるかもしれません…。

対人不安を少しでも克服する為の行動だったのに、またいつもの不審者に付きまとわれたりする展開になりそうで今から少し怖いです。何が起きても対処できるよう心の準備をしてしばらくは行動していきます。皆様は大丈夫だとは思いますが、私の例を見ても分かるように不審者に好かれやすいタイプというのはいるようなので充分お気をつけて下さいね。
男性の方も例外ではありません。お互い気を付けましょう…。
※今は大分、不安や恐怖感が和らぎ、気持ちが落ち着いてきました。
心配かけてしまった皆様、ごめんなさい!



ああ、全っ然婚活記事になってない記事がします!(笑)
ここまで読んで下さった方ごめんなさい!!

結論。
不審者には注意しましょう。




わぁ。びっくりするくらい、トキメキ感0!
婚活に夢を抱く女性、男性双方に全力で謝りたい!!
ごめんなさい!!(土下座)

私が変質者に好かれやすいだけ、そして隙があるだけなので皆さんならきっと大丈夫です!私が言っても全っ然説得力がないとは思うのですがとりあえずエールだけでも送らせて下さい!応援しております!自分に自信がない方が多いかもしれませんが、自分が気づかないだけで素敵な所はたくさんありますよ。そして上手くいかなくても、婚活パーティーという場所に参加できたというだけでもすごいことなのです。自分を褒めてあげて下さいね。

以上、いつも全然上手くいかない、はなからのエールでした。
大丈夫大丈夫。
こんな私でもなんとかなってるんです。
なんとかなりますよー(#^^#)


※追記

肝心のこと、書くの忘れてました。

もう1人の「おそらく普通の男性であろうと思われる方」とは只今、ラインでやりとりしたり実際会ってお食事したりというお付き合いをしております。まだ恋愛関係じゃありません。というか恋愛ってなんだっけ?もう私わかんない…。とりあえず乙女ゲーによくある「ときめいた瞬間、男性の後ろから後光がさす」とか「男性の背後で花が開く」とか「いきなり愛の歌を歌いだしたと思ったら、周りはお花畑だった」という事態はまだ起きておりません。というか起きたら困る。

この方とはしばらくやり取りしてみます。もしかしたら、後光がさす瞬間が体験できるかもしれませんし、それはそれでゲーマーとして興味深い。あと恋愛をしたら胸が痛むという少女マンガあるあるは本当なのか確かめたい。私の場合、普段が普段なので「うっ。胸が…!」とか言ったら即座に救急(病院のことです)に電話をかけられると思うけど。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[タグ未指定]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なにー!!
モテモテだったのか!!?

そしてカップル成立とは!!?

さすがはなちゃんだぜ!!!



そして、この記事からどーしてそんな結論に至るのか。
もうちっとハッピーエンドになるかと思ったわい。

No title

ギブさんへ

コメントありがとうございます!
う~ん、あれはモテていたのかな?

やっぱり皆さん話しかけやすそうな人の所に行くと思うんですよ。で、私は愛想だけは良いので「とりあえずこいつの所に行っとくか!」と思って来て下さった人も多かったのではないでしょうか!^^;

久しぶりにギブさんに「さすが」と言われた気がします。読んでくれてる人や、褒めてくれる人、たまに遊びに来てくれる人、皆さんがいるともうちょっと頑張るか!とあったかい気持ちになれるのでとっても嬉しいです(*^^*)

ありがとう!

久しぶりにお話出来て嬉しかったです!
良かったらまた気軽に遊びに来てね(*^^*)
ハッピーエンドになるかは保証できないけどとりあえず逃げないで人と向き合ってみます!
プロフィール

はな

Author:はな
主に本やゲーム、アニメ、漫画の感想。真面目な記事も書いてます。良かったら気軽にコメント下さいね。拍手コメントは頂いた記事でお返事致します。リンクフリーです。よろしくお願いします。

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
タグ一覧

ドラッグオンドラグーン 軌跡 セーラームーン ラグナキュール 可愛いもの ニーア カラオケ はなさんに質問!コーナ~。 ランニング 暁のヨナ 

人気ページランキング
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。