【新しいことに挑戦】PS4の録画機能を使って、ゲーム実況動画を作ってみました。

こんにちは。コメント、拍手ありがとうございます!お返事大変遅くなって申し訳ありません…!いつもとても嬉しく読んでおります。もう少しお待ちください~!今記事を書いているのですが、完成にはもう少し時間がかかるのでその代わりと言ってはなんですが今回はなんと!ゲーム実況というものに挑戦してみました~!!!

・・・いえ、大分無謀な試みではあるのですがせっかくPS4には録画機能があるのだから自分も実況動画を見るだけではなく、作ってみたかったのです。方法等を調べて、なんだ録画自体は簡単に出来るんだ!と思って実際、録画したものを見てみるとあまりにひどくて笑いましたヽ(^o^)丿マイク音量が小さいのにゲームの音は大きいから声がほぼ聴こえないというなんだこれ?な動画でした。が、それもまた面白いかとカットせず、そのまま動画にしました。一応、マイク音量を大きくした所からも見れるよう動画のコメント欄に目次を作っているので、そちらから見て頂けると・・・!(>_<)

初心者が話しながらゲームをすることに徐々に慣れていくという変化も楽しいのでは、というのも確かにあるのですが、カットや編集でごまかさなかった大きな要因は動画編集の途中で間違えてアップロードしてしまったからです。途中から無編集です。うっかりミスです。すみませぬ・・・。
文字のフォントとかも、もっと見やすくしたかった~!とか色々無念が残ります。話しながらプレイするというのは難しくはあったのですが、それより「楽しい」が勝ちました!話しながらプレイするってこんなに楽しいものなのかとびっくりです…!世の中にはまだまだ私の知らない楽しいものがあると思うとワクワクしますね。

こうしてお話しても何も伝わらないと思うので追記に動画を貼ります。特に面白いことも話さず、淡々とプレイしているので知り合いとか友達がプレイしているのを横で一緒に見ている感じでお気軽に見て頂けると嬉しいです。私はとっても楽しんでいるんですが、楽しんでいる感が全然出ていないのはなぜなのでしょう…。今後の課題です!

↓では追記からどうぞ~!ちなみに今回プレイするゲームは「ゴーストオブツシマ」です。以前から時代劇好きですし気になる!と言っておりましたが、実はその後買ってツシマの世界を堪能しておりました~!戦国無双2以来の和風アクションゲームにときめきが止まりません。日本家屋が好きという理由で零(ホラーゲーム)を買った自分ですから障子に、空に舞い散る紅葉に、竹林にとザ・和!を堪能できるツシマは最高です。オープンワールドなので旅行気分も味わえますし、何よりアクションが下手な自分でも何とか楽しめる難易度なのです!と言ってもイージーではあるのですが、和な雰囲気がお好きな方にとてもおすすめしたい一本です…!
※ゴーストオブツシマのネタバレがあります。まだクリアしていないのでエンディング等については触れておりませんが、情報を知りたくないと言う方はご注意ください。











ちょうどいいサイズで貼れなかったのでお手数ですが、URLをコピーしてユーチューブで見て頂けると幸いです。大体の動画の内容が分かるようにコメント欄に目次を置いてありますのでそちらに目を通して頂けると喜びます。動画の説明は以上です。ここからは言い訳編集作業や動画アップロードについての裏話です。
今書いている記事がもう少し時間かかりそうだからこれなら簡単だ~!と思って始めたのに、すごーく時間と手間がかかりましたヽ(^o^)丿でも、すごく楽しかったから満足です!単純ですw

【編集作業や動画アップロードを実際やってみて】

アップロード完了まであと8時間の文字を見た時にはえ!?ってなりましたし、それが3回エラーが出て最初からとなった時には我が家の通信環境を恨みました(笑)。ルーターには罪はないですのにね。いつも助けてもらってるのにごめんよ。で、4回目でしたでしょうか。やっとアップロード出来た~!と思ったら今度はチャンネルアイコンとバナーが反映されないという壁にぶつかりました。これは現在進行形で解決しておりません。時間が経ったら反映されるらしいので、しばらくお待ちいただけると・・・!※アイコンやバナーの見た目を変えられなかったというだけで視聴は問題なく出来ます。

そして、動画を再生された皆様が最初に思うのは「こいつ、PSNの名前を堂々と出した!?」だと思います。私もカットしたかったんですよ。でも、編集途中でプロジェクトセーブと間違えてうっかり動画をアップロードしてしまったので編集作業にも戻れずどうしようもなかったのです(泣)でも、オンラインのゲームはプレイしないので名前がバレても多分大丈夫だと思います。ピアノが好き!という単純な理由で付けた名前があんなにでかでかと表示されるのはちょっと恥ずかしいですが(笑)。

ちなみにこの動画を作るにあたり、使用したものは

①PS4に最初から入っているシェアファクトリーという編集ソフト
②PS4付属のイヤホンマイク(自分の声とゲーム音声が同時に録画出来ます)
③動画を確認する為のヘッドホン(安いやつ)
④PC

の4点です。
④のPCはなくてもいいのですが、ユーチューブの概要欄の編集やサムネイルの設定を細かくしたいならあった方が便利と感じました。動画をアップロードすると自動でサムネイルが生成されるのですが、3つしかないので自分で選びたいものがある方はPS4のビデオクリップからスクリーンショットを撮ってそれをPCにUSBで移して設定、という手順を踏まなければなりません。
こう書くと面倒そうですが、今回でおおまかな流れは分かったので次回からはもう少し手早く作れると思います。・・・多分!

【アップロードされた動画を見て自分で感じたこと】

次に、動画の感想に行きます。自分で撮った動画に感想ってなんなんだ?という気もしますが、我ながら突っ込み所がありすぎるので、突っ込ませて下さい!!!まず最初の挨拶が弱弱しい、そして自信のなさがありありと現れていますね。ザ・実況!という感じではなく自然にプレイしたいな~というのと、名前は言った方がいいよね!くらいしか考えておりませんでした。話すことはほぼ決めず、実況を始めた自分・・・。一体何を考えていたのでしょうか。その時の自分に問いたいです(笑)。

動画を見てこりゃあ駄目だ!と思った私はテキストで言葉が足りていない部分を補完するというこしゃくな技を使いました。しかし、ここでも問題が!白か黒のフォントを使いたかったのですが、ゲーム画面が白黒と切り替わるからどちらも使えないのです。迷いに迷った結果、水色のフォントにすることにしました。が、編集途中でアップロードしてしまった為、最初の方のフォントの色は黒だったりします。統一感皆無ヽ(^o^)丿

そして、ゲームが開始されますが、敵の拠点に今から仁が忍び込みます!というとんでもないシチュエーションから始まります。上手くプレイ出来る自信が全くなかった為、地図から他の場所に移動で逃げようとします。が、「今は移動出来ない」という文字に気が付きません。おばか!そして私はもしや、これはファストトラベルを使わず自身の操作でここから少し離れれば移動出来るんじゃないか?という発想に至ります。漂う無能感に新規の方はもうここで動画を閉じるんじゃないかと思います。私だったら閉じてます(笑)。

テキストの「グダグダですみません…」からも編集中自分が感じていた申し訳なさ感が伝わってきます。もうフォントの水色すら悲しく見えますもん・・・。実況者の方ってすごいんだなぁって思いますね。操作に集中してたら話せないし、話に集中すると今度は手元が疎かになるんですよ。アクションの時とかもはやほぼ素で喋ってます。操作のこと以外、何も考えておりませんw

そして声ですね。最初の方やたらふわふわ、もにゃもにゃ喋っているのは動画が上手く取れるかどうかのテストだったからです。主にちょうどいいマイク音声はどれくらいなのかのテストでした。実際プレイしながらじゃないと適正値は分からないと思うので。そうしてなんとも素人感溢れる動画は続きますが、戦闘に気をとられて体力ゲージを見ていなかった為ゲームオーバーとなります。ここで一旦録画を終了。再び、最初からやり直しますが録画失敗していることに気付きます。

これは良くない!と即座に録画を開始しますが、ここで私は何を思ったのか二度目の自己紹介を始めます。マイク音量を確かめたかったのでしょうが、二度も自己紹介はいらないのでこの部分はカットしました(そらそーだ)。そして、実質3本目の録画が始まったのが15:08の部分になります。マイク音量も心持ちあげて、そして前回の録画で要領を得たのかクエスト内容を読み上げ始めます。果たして、この部分はいるのでしょうか…?編集していると何が要るもので、何が要らないものなのか分からなくなってきます。混乱するー!

そして16:38の部分で4本目の録画が始まります。マイク音量がどうも小さいので、思い切って3つか4つ程マイク音量を大きくしてゲーム音量を少しだけ下げました。録画、確認、録画、確認の繰り返しなのでこの時点で1時間以上ぶっつづけで作業しておりますね。そのせいか声が疲れている気がしますが、これは単純にお水も飲まずに作業していたので喉が渇いていただけです(汗)。休憩大事ですね…!

蒙古を一掃した後は矢の補充や物資の補給の為、うろうろします。やたら長いのでカットしたかったなぁという部分です。ただ、意外と何を話そう?となることもなく散策中も話し続けられました。これはツシマというゲームの面白さ故ですね。何でも出来るから、何をしていても発見があって楽しいんですよ。惜しむらくは動画でその楽しさを伝えられなかったことです。次回こそ!あとカメラワークがちょっと早くて動画だと酔いますね。この辺も工夫したいです。

21:54、デフォルトの明るさ設定だと室内がほぼ見えず、物資がどこにあるか分からないので明るさを上げております。「時代劇っぽいから基本はデフォルトの50でやってます」の下りは正確に言うと「暗い室内を出た時の屋外の明るさや、暗い室内の窓から見える屋外の眩いくらいの明るさ、そのコントラストが素晴らしいんです!」ということが伝えたかったのでした。
言葉にしようとすると、なかなかぱっとは出てきませんね。じっくり考えながら打つブログと、瞬発的にぱっとコメントやリアクションをとらなきゃいけない(とらなくてもいいのかな?)ユーチューブの違いみたいなものが分かって興味深いです。

その後の「あれ?矢が出ない」というシーンでは動画を見返すとちゃんと矢はとっておりましたね。ぼけっとしてます(笑)。蒙古がいなくなって気が抜けたからか、更にゆるさに磨きがかかっております。動画を見返して我ながらのんびりマイペースにやってるなぁと思ったのでそこから動画タイトル「のんびり放浪記」という名前にいたしました。
こののんびりは自分がのんびりという意味です。でも、次回からはのんびりしつつもメリハリも随所に取り入れたいですね…!ただ、私にメリハリがあるかと言うとうん…格闘ゲームとかホラーゲームでもやらないと大きなリアクションはとれない気がします(笑)。でも諦めず、ちゃんと頑張ります!やってみなきゃ分からないですもんね!

そしてコントローラーの振動を頼りに蒙古の品をずーっと探しているんですが、動画を見返してここにあるやないかー!となりました(笑)。目の前だよ、横だよ、あー!!!ってwあんなに光っているのに気付かないもんなんですね。すごい(?)。探索を終えてストーリーをきちんと振り返って。うんうん、私の割にはちゃんと見て下さる方のことも考えてるやん!?と自分で嬉しくなっていると唐突に仁さんのファッションチェックが始まりました。なぜだ!(笑)今の流れはこのまま竜三にのろしをあげてストーリーを進めるやつだったじゃないですかー!なぜに?本当、動画の自分は感じるままに自由にプレイしてて後で見返すと???となります。私、こんな人だったんですね…。

謎のファッションチェックを終え、扉を開くと蒙古が大勢います。一瞬、映像が途切れているのは原因が分かりません。アップロード時に何かあったのでしょうか?そして、暗器の使い方を誤解しています。戦闘に疲れたのかもにゃもにゃ言ってたりもします。滑舌直したい、と強く思いました。カラオケ(今は行っておりません)ならはっきり声が出るので、頑張ればいけるはず。次に活かします!あと味方を敵と勘違いして斬りかかろうとしています。このゲームがそういうことが出来ないゲームで良かった…とほっとしました。味方は斬りたくないですからね。

1つ1つ見ているとキリがないので割愛しますが、この動画で私が特に好きなシーンは46:40辺りで助けた方がこの先の不安について話すシーンです。仁に向かって話しかけてくれたかは分かりませんが、話してくれたことが嬉しいですし、民の現状が分かってこの近くに安全な場所がないのではないかということも分かります。例えば、蒙古の拠点だらけで村は遠いとか。それなのに、ちゃんと仁に対して「御恩は忘れません」と言って下さる所とか苦しい状況だけど、そういう風に感謝してくれる気持ちが嬉しいなと。

このゲームはこうして村人を助けても「行くところがない」とか「この先どうやって生きていけばいいの」とか絶望的なことばかり口にします。クエストも同じで、娘を救え!というクエストで娘を救ったとしても上記のような台詞を言い、なんともやるせない気持ちになります。基本誰も救えない。それは仁はあくまで普通の武士で、叔父上の救出が彼にとっての一番の目標だから。そう考えると嘆いている民がいてもクエストが終われば何もしない仁の行動が理解出来ます。人それぞれ大切なものは違いますからね。仁にとってはそれが叔父上で、民にとっては米や安心して住める家なのかなぁと。皆それぞれ一生懸命生きているんだね。

あと嬉しかったのは黄色い鳥が現れてくれたことです。未知の場所に連れて行ってくれるのでいつも今度はどんな場所に連れて行ってくれるのだろうとわくわくします!導いてくれたのは怪しいおじさんがいる謎のお店でしたが(笑)。稽古場で気力も上昇出来たので満足です。3回でクリア出来たのは嬉しいです。最初の頃から比べて上達してるなぁと(自分比)。

もう動画についての感想も終わりに近づいておりますが、最後に白染め屋のおじさんについて語らせて下さい。出で立ちも、最初の台詞からもやばい奴感がすごかったのですが、話しかけてみると想像以上に濃いキャラでした・・・。友はいないけれど城岳の雪のごとく美しい白に染め上げることができます、と言っています。や ば い 。

その後も冬の神のごとく、等と白色を讃える言葉を様々なバリエーションで投げかけてきます。仁さん逃げてー!!!動画で言った「白が好きなのかなぁ?」は壺も白、服も白と徹底していたことに恐怖したからです。気を抜いたら「全身白に染めてさしあげましょう」
と勝手に仁さんの服を真っ白にされそう(偏見ごめんなさい)。
白をこよなく愛する男かぁ。何があってそうなったんでしょうね?怖い、と言っておきながら気になってきました。最後に「どうぞ日向をお進み下さい」と送り出してくれるんですが、彼自身どうみても日向にいる者とは思えず、闇がありそうなのになぜその台詞・・・?影の者だからこそ、陽に惹かれるとかそういうことなのでしょうか。妄想考察が捗りますね…!色んな意味で気になる方なので、今後、彼にまつわるクエストが発生したら嬉しいです。

ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました!慣れないことだらけでしたが、新しい発見も多く楽しかったです。またやろうと思っておりますが、あくまでブログ更新がメインなことは変わりません。また気軽に遊びに来て下さると嬉しいです!そして、動画の締めの挨拶は全く考えておりませんでした(笑)。次回までに何か考えておきます。以上、ゲーム実況動画作成についての感想でした~!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

[タグ未指定]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

声かわ!(挨拶)

動画ですが、ちょっとだけですが拝見しましたよー
(ちょっとですいません…)
声かわ&関西弁で何となく「はんなり」感が出ていていいですね!
何はともあれ、新しい年になり新しいことに挑戦するという管理人さんの
意欲に敬服いたします。私にはもうそこまでのバイタリティはないよ…

動画を本格的におやりになるのであれば、過去にやってらした
歌ってみたとか、あと楽器もおやりでしたっけ?
ゲームだとビルダーズ2なんかもいいかもしれませんね
(割と前のゲームですが動画方面ではいまだに賑わってます)

で、セーラームーンなんですが(笑)
私は男なので「やっぱヴィーナスだよ」「やっぱサターンだよ」
とかの典型的なオタク思考で見てましたねえ
(世の男どもはマーキュリー一辺倒でしたが…)
あのアニメは確実にオタクの価値観に影響を与えてますね
そのくらいエポックメイキングな作品だったと思います

クリスタルについては管理人さんと同じですね
2期まで見ましたが、あれは単純にアニメとしての出来が悪い
当時はニコニコ動画の配信で見ていましたが、回を重ねるごとに
視聴者もコメントも目に見えて減っていって酷い状況でした
3期はキャラデザが変わった(劇場版と同じ)のですが
さすがに付き合い切れずに脱落しました
ただ、中の人はまったく違和感ないどころか現代風にブラッシュ
アップされていてむしろ良いですね
(時代が違い過ぎるので初代と比較するつもりはありません)
軌跡のキャラでいえばマーキュリーがフィー、マーズがリーシャ
ジュピターがミュゼですね(笑)

ストーリーはどうなんでしょう?
私は原作はまったく知らないのですが、サーカス編?を前後編に
分けるにあたり、原作の時系列を多少は変えてあるようです
ノリなんかは良くも悪くも「あぁこんな感じだったな」ですね(笑)

※余談
先ほど「はんなり」感と書きましたが、前回のコメントを見る限り
管理人さんてもしかしてガチの京都民なんです?
だとしたら私は今まで何をえらそーに講釈を垂れてたんですかね(笑)
あれっでも山間部で育ったのでは…???

書いてるとキリがないのでこのへんで失礼します(笑)
長文だいすき!(こら)

No title

>通りすがりさんへ

通りすがりさん、コメントありがとうございます!なんとあのへっぽこな動画を見て下さったんですか!?そんな長くお見せ出来るレベルのものではないので、ちょっとの視聴で充分嬉しいです。ありがとうございます!自分も好きなものに対してはバイタリティ溢れるのですが、それ以外にはサッパリですのでそんな気落ちせず・・・!

そして、頂いたコメントで気になったのですが関西弁出ておりました?自分でチェックした時には「おぉ…結構標準語で話せてるなぁ」と思っていたのでびっくりしました(汗)。でも、はんなり感と声かわという嬉しい褒め言葉を頂いたので、良しとします。ありがとうございます~!

動画についてもご意見ありがとうございます。あくまでブログメインなので、本格的にやる予定はないのですがこういったものが需要があるというのを教えて頂き参考になります!
1つひとつお答えしますね。歌ってみた、はダムともの方でやっています。動画にするとしたらピアノでの弾き語りですが、実写は身バレの可能性がある為考えておりません。

ビルダーズ2は今お休み中なのですが、街が完成したら動画をアップするのはアリですね。問題は街完成までに果てしなく時間がかかりそうなことですが。・・・地道に頑張ります。色々と考えて下さってありがとうございます!ゲーム実況とはどんなものか?というものを掴む為にもしばらくは色んなジャンルのゲームをプレイしていこうと思います。

そしてセーラームーンについてもありがとうございます!!!おぉ・・・!通りすがりさんはヴィーナスやサターンがお好きだったんですねっ。そして、やはりマーキュリが当時は人気だったと・・・!当時の話を男性から訊くことって貴重なのでとても楽しく、ありがたいです。人気キャラの傾向を見ると内気で儚げな女性が人気だったのでしょうか?でも、ヴィーナスちゃんはとっても元気いっぱいな子だったような…?

うちの父なんかはセーラームーンを見ても全く興味がなさそうだったのですが、当時アニメを見ていた男性にとっては影響を与えるような作品だったのですね。私はこれ以前のアニメを知らないので逆に新鮮です。やはり女の子が戦うことが当時の方にとってはびっくりなことだったのでしょうか…?(・・)

クリスタルについてもありがとうございます。やっぱりそうですよね…?アニメとしての出来等は分からないのですが、私もどうにも合わず途中で脱落しました;
そして、中の方も違和感がないどころか現代風になっていると!これはエターナル前編見なきゃいけませんね。詳しく教えて下さり、ありがとうございます!実は皆様からコメントを頂いた後、これは前編を見なければ!とツタヤでレンタルされていないか調べました。が、やはりまだレンタルは開始されていないようでした(泣)。後編上映中に前編のレンタルが開始されることを祈ります…!

ストーリーについてもありがとうございます。原作の時系列を多少変えているんですね。しかし、ノリなんかは良くも悪くも変わらないままと・・・。よし、見ます!旧アニメのファンなので、そのままなのが一番嬉しいです(笑)。

そして住んでいる場所についてはぼかさせて頂いているのですが、ガチの京都民ではないです。誤解させてしまって申し訳ないです;京都に行く機会が多いというだけです。京都についてはほぼ何も知らないので、これからも色々教えて頂けたら嬉しいです~!

ではではコメント、ありがとうございました!
プロフィール

はな

Author:はな
主に本やゲーム、アニメの感想。春と秋には桜と紅葉を見に庭園やお寺に出かけています。良かったら気軽にコメント下さいね。拍手コメントは頂いた記事でお返事致します。リンクフリーです。よろしくお願いします。

FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新記事
カテゴリ
タグ一覧

軌跡 ドラッグオンドラグーン セーラームーン 可愛いもの ニーア ビルダーズ2 ラグナキュール カラオケ スペードの国のアリス はなさんに質問!コーナ~。 

リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR